メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 部門 > 薬剤部

薬剤部

診療科トップ画像01

薬剤部のご紹介

薬剤部の理念

薬剤部は、適正かつ安全な薬物療法の支援と、調剤、製剤、無菌製剤、薬務、薬剤管理指導、病棟薬剤業務、医薬品情報管理等の業務実施を通じて最善の総合医療の提供に努め、疾病の克服と健康の増進を通じて社会に貢献します。

業務内容

調剤

薬剤部では、電子カルテシステムから受信した処方データを利用して、調剤を迅速、正確かつ安全に行うための調剤支援機器を導入し、効率化を図っています。

注射調剤

薬剤部注射部門では、電子カルテシステムから受信した処方データを利用し、調剤業務の効率化や省力化を行い、安全性を確保しています。
また、病棟での薬剤の扱いの安全性を向上させるため、調剤された注射薬は各病棟の注射カートで患者さまごとにセットして薬剤部から病棟へ搬送しています。

製剤・無菌製剤

薬剤部製剤部門では、専用の無菌調製設備(安全キャビネット、クリーンベンチ)を用いて抗がん剤やTPN製剤(高カロリー輸液)等の無菌調製を行っています。抗がん剤については、院内で使用されるほぼすべてを薬剤部で混合調製し、院内医療スタッフの曝露を防止しています。TPN製剤等の無菌調製は、防塵衣等で防塵対策を徹底し、クリーンベンチが無塵環境になるように整備しています。無菌調製時は、複数の薬剤師が調剤方法等をチェックしています。

薬務

医薬品についての購入から保管を含む管理を一貫して薬剤部が行っています。携帯バーコードリーダーを利用して調剤支援機器への充填確認等の安全管理が可能です。

医薬品情報管理

医薬品メーカーからの情報や厚生労働省からの通達等をわかりやすく整理し情報提供を行っております。
また、当院は電子カルテを導入し、様々な業務を効率良く運用しています。電子カルテシステムに関連する情報収集も重要な業務の一つで、部門システムの検証・薬剤マスターの管理等も薬剤部が積極的に実施しています。
後発医薬品採用品目はこちらからご覧ください。(工事中:採用医薬品一覧PDF)

薬剤管理指導、病棟薬剤業務

薬剤師がそれぞれの病棟を担当し、入院患者さまの薬歴管理や服薬指導、薬学的ケアを行っています。また、患者さまの状態に応じた形で薬の服用ができるようその状態に応じた工夫等に関しての説明や指導を行っています。
また、薬剤師は院内の各種医療チームにも積極的に参画し、薬剤師の立場から診療支援を行っています。

  • 無菌調製業務

    無菌調製業務

  • 病棟薬剤業務

    病棟薬剤業務

  •  
  • 調剤室

    調剤室

  • 注射薬ピッキングマシン

    注射薬自動払出装置

  •  

部門紹介

薬剤師16名で業務にあたっております。(工事中:部門紹介PDF)

薬学実務実習

薬学実務実習生を受け入れています。(工事中:実務実習に関するお知らせ)

スタッフ募集