メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 千葉県摂食障害支援拠点病院 > 専門家の方へ

専門家の方へ

専門家の方へ

摂食障害は、遷延化すると治療が困難となる疾患です。
神経性やせ症は極端な低体重を呈し、心理的のみならず身体的合併症も重症となり得ます。
神経性過食症は体重は正常ですが、過食・嘔吐のスパイラルから抜け出せず、日常生活に大きな支障が生じてきます。
摂食障害も他の疾患同様、早期発見・早期治療が重要と考えられられます。

  • 摂食障害患者さんの診療で対応に苦慮している医師
  • 学校で摂食障害の疑われる生徒さんに接する養護教諭
  • 摂食障害患者さん、御家族から相談を受けた保健師、福祉担当者
  1. 千葉県摂食障害支援拠点病院(旧:千葉県摂食障害治療支援センター)は、こうした皆様からのご相談をお受けします。
    また、摂食障害に関する医療機関への研修も行いますので、ご希望の場合はご相談ください(出張講演料は無料です)。

  2. 国府台病院心療内科では、摂食障害患者さんへの対応として、精神科・心療内科と内科・小児科・産婦人科・プライマリ・ケアとの医療連携を進め、疾患の治療体制を支援する取り組みを進めています。千葉県内の医療連携のための調査(2020年)で、精神科・心療内科から身体科の先生方への依頼として、採血検査、輸液等の栄養療法、心電図、レントゲン検査の項目が主にあがりました。皆様にご利用いただけるように、今回、それらに特化したマニュアルを作成しました。

 

ご相談窓口

開 設 場 所
国立国際医療研究センター国府台病院 外来管理棟

相談日(月・水・金)(祝日は除く)9:00~15:00
TEL・FAX 047-375-4792
 E-mail edsupport-chiba@hospk.ncgm.go.jp
 
※面談での相談は予約が必要です。