メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 児童精神科 > 国際医療協力

国際医療協力

平成29年度
被災地における子どものメンタルヘルスに関する 研修事業

 平成29年度国際展開推進事業「被災地における子どものメンタルヘルスに関する研修事業」
(代表:早川達郎)に参加し、以下の研修会を開催した(報告書

【活動内容】

NCGM 国府台病院は震災直後より宮城県石巻市において、被災した子どもたちのメンタルヘルスに取り組んでいる。同 院と連携機関がフィリピン大学との間で、研修会と石巻市での視察を通して地域支援ネットワークモデルの研修を行った。 また、フィリピンに専門家を派遣し、現地視察と専門家との討論を行う。また、琉球大学震災支援研究者も合わせて、 関係者で意見交換会を開催した。

【期待される成果等】

被災地における子どものメンタルヘルスに関する支援方法についてフィリピンの支援者に研修を行うことにより、フィリピンの現況に即した地域支援ネットワークが構築されることが期待されている。
  

活動:場所・日時 参加者 活動内容
国府台病院
石巻市
6月4日-10日
フィリピン共和国からの研修受講者数
10名
1)講義数 18
2)NCGM国府台病院において、こどものメンタルヘルスに関する地域支援ネットワークモデルと支援方法等について研修会を開催。
3)宮城県石巻市において地域支援ネットワークモデルの研修、現地視察。
フィリピン共和国
マニラ・タクロバン周辺
10月22日-28日
研修参加機関
13ヶ所
研修受講者数
23名
1)講義数 6
2)被災地における子どものメンタルヘルスに関する地域支援ネットワークモデルについて現地視察及びディスカッション
沖縄・琉球大学
12月3日-5日
研修受講者数
5名
1) 日本における地域支援ネットワークモデルの移転・導入に関する意見交換

 

 リンク)
国際協力局
平成29年度医療技術等国際展開推進事業報告書(PDF)