メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 児童精神科

児童精神科

診療科トップ画像01

児童精神科のご紹介

当院児童精神科は、昭和23年に開設され長い歴史を持つ、幼児から中学生までのお子さんの心の疾患に対する精神科の特殊部門です。

児童精神科は外来部門と、45床の専用病床(精神科解放病棟)を持つ入院部門から成り立っており、さらに入院児童を対象とする市川市立小中学校の院内学級が病棟近くに併設されています。 主な治療対象は、不安障害、うつ病、摂食障害、注意欠陥/多動症(ADHD)、自閉スペクトラム症、強迫性障害、転換性障害、解離性障害、心的外傷後ストレス障害、児童期の統合失調症などです。最近は様々な疾患を背景に不登校となり、ひきこもっている児童、摂食障害、発達障害の児童の受診が目立っています。

 
児童精神科における治療は、外来治療が中心ですが、ひきこもりが長期に及んだ小中学生や、症状が深刻化して家庭生活が困難になった児童などでは、必要ならば入院治療を導入し、精神医学的専門治療に加え、院内学級と協力した家庭復帰・学校復帰のための援助にあたります。特に社会参加の経験を増やしていくことを目的とした活動的集団療法(遠足やキャンプなど)に力を入れて運営しております。

児童精神科の初診について

初診予約受付時間
毎週水曜日 午前10時から12時の2時間

  • 予約は電話での受付になりますのでご了承ください。
  • お電話をいただいた翌月の予約のみお取りいただけます。
  • 翌月の予約枠が埋まり次第、翌月の第1水曜日まで予約受け付けは行いません。 全国的に児童精神科を標榜する医療機関は少なく、初診予約が大変混み合っております。 お電話も非常に混雑している状況です。

 ご理解ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

 初診予約を取られた方は、下記の【受診の流れ】をご確認の上、ご来院ください。

 児童精神科受診の流れ

ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン

障害を抱え特別な支援が必要の子どもと、その家族のための緊急時対応準備マニュアル

児童精神科レジデント説明会

児童精神科サマーセミナー2016(医学生・研修医向け)