メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 脳神経外科

脳神経外科

診療科トップ画像01

脳神経外科のご紹介

脳神経外科では、主に、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血といった脳卒中の患者さんや、頭部外傷、脳腫瘍など患者さんの治療をしています。治療には手術だけでなく、薬や点滴、リハビリテーションといった様々な要素があり、それらを組み合わせて行っています。当科では、発症してから比較的まもない、急性期や亜急性期といった時期の治療を、主に行っておりますが、その治療が終了した後も、持続的に必要とされる健康管理にも力をいれています。特に脳卒中の患者さんの中には、再発予防のための定期的な健康のチェックを必要とされる方が多いと考えているからです。

また、頭痛やめまい、しびれ感、顔面のけいれん等といった症状で、脳や脳血管が心配とお感じの方は是非一度ご来院ください。専門医の診察と、必要に応じてMRIなどでの診断を速やかに行います。安心して受診できる外来、入院生活を心がけております。

脳卒中

当科では特に脳卒中に関しては、手術治療を含め、沢山の患者様を治療してきた豊富な経験があります。この豊富な経験と最新の知見に基づいて、最も良い治療結果が得られるよう努力しております。また、麻痺などの症状がある患者様に対しては、入院当初から積極的なリハビリテーションを行い、日常生活動作が少しでも改善に向かうよう工夫を重ねています。 個々の疾患についての治療は以下の通りです。

  1. くも膜下出血 原因となる脳動脈瘤の根治手術を行っています。くも膜下出血を 起こす前の「未破裂動脈瘤」が見つかった場合には、大きな動脈瘤では治療を考慮し、小型のものでは患者様と相談しながら注意深い経過観察を行っています。
  2. 脳出血 必要に応じて、血腫除去などの手術を行い、個々の患者様ごとに出血の原因 を検討して、再発予防に努めています。
  3. 脳梗塞 脳卒中の中で最も高頻度な疾患です。頸部の内頚動脈という、脳へ分布 する根元の血管に強い動脈硬化がある場合は、脳梗塞がおきる危険が高くなるので、必要とされる「頚動脈内膜剥離術」を行います。その他に当科で行う治療としては 「バイパス手術」や、t-PAという薬を用いて「急性期血栓溶解術」を行っています。また、脳梗塞が再発しないように、適切な薬物療法を行い、さらに、どのような体調 管理をすれば良いかについて、ご本人やご家族と常に相談しております。脳梗塞は、 軽い症状でも放置すると、再発して症状が進んでしまう事があります。半身の脱力や しびれ、言語障害などを自覚された場合は、当科外来でご相談ください。

頭部外傷

受傷直後に必要な検査や治療以外にも、その後しばらくたってから頭蓋内に血液が貯留してくる「慢性硬膜下血腫」という疾患に対する検査や、手術治療を行っています。

脳腫瘍

可能な場合には腫瘍摘出術を行います。また、脳腫瘍の治療には放射線治療や化学療法が必要な場合があります。その場合には適切な施設を当科にて紹介させて頂いております。

てんかん

てんかんの原因精査や、必要な薬物治療を行います。抗てんかん薬はここ数年で進歩してきています。最新の知見を取り入れ、最適な薬物療法を心がけています。

正常圧水頭症

おもに高齢の方で、歩行障害、認知症などで発症する疾患です。脳をとりまく髄液という液体の吸収に問題がある場合に発症します。日常生活に大きな影響がありますが、「シャント手術」によってかなりの改善が期待できます。

脳疾患が引き起こす神経症状は、とても多彩です。意識障害、麻痺(脱力)、感覚障害、言語障害、頭痛などが主なものですが、その他も含めて心配な症状がありましたら、当科外来にてご相談ください(外来診療時間については、外来担当医師一覧の項をご参照ください)。

メンバー紹介

外来診療スケジュール

レジデント・スタッフ募集