メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 眼科

眼科

診療科トップ画像01

眼科のご紹介

近視等の屈折異常、眼瞼下垂、結膜炎・角膜炎等の外眼部疾患、白内障、緑内障、ブドウ膜炎、網膜剥離、糖尿病網膜症、加齢性黄斑変性等の網膜硝子体疾患、斜視、弱視等の小児眼科疾患、視神経症、眼瞼痙攣、眼球運動障害等の神経眼科疾患を診断、治療しています。

専門外来 

  1. 網膜硝子体外来
    最新の手術顕微鏡、硝子体手術装置を整備しました。硝子体手術が必要な網膜剥離、増殖性糖尿病網膜症、硝子体出血、黄斑円孔、黄斑前膜等の手術治療に取り組んでいます。
  2. 斜視弱視外来
    小児から大人の斜視手術に取り組んでいます。視能訓練士による斜視検査、弱視訓練とケアを行っています。
  3. 養護外来
    知的障害、重い身体の障害などをお持ちで、一般の外来に受診し難い方を対象にしています。初めての方は、まず眼科外来にお電話で予約してください。

特徴

  1. 白内障、網膜硝子体疾患、斜視、緑内障、眼瞼下垂など主な眼科領域の手術を行っています。白内障の日帰り手術は行っていません。手術日は水曜日と木曜日です。

  2. 加齢性黄斑変性、近視性黄斑変性、網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫などに対する硝子体注射を行っています。

  3. 眼瞼痙攣、片側顔面痙攣のボツリヌス毒素による治療を行っています。
  4. レーザーによる網膜疾患の光凝固、緑内障の治療、YAGレーザーによる後発白内障の治療を行っています。

  5. ERG、VECPなどの電気生理検査が可能です。
  6. コンタクトレンズの処方、屈折矯正手術は行っていません。
  7. 重症の角膜疾患は対応できません。