メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 眼科

眼科

診療科トップ画像01

眼科のご紹介

眼科は、視覚に関する疾患を扱う診療科であり、視力低下、視野狭窄、飛蚊症、斜視、複視、眼瞼下垂、痛みなどの症状に対して診断・治療を行っています。

2021年4月より1名の医師が増員となり常勤眼科医が3名になりました。これによりこれまで以上により多くの患者さんを迅速に対応させていただけるような体制となりました。当院での対応が困難な症例につきましても、基幹施設である順天堂大学浦安病院と連携しながら治療に当たらせていただきます。

当院眼科では地域の眼科の先生方との連携を重視しております。手術や精密検査が必要な患者さんは当院でなるべく対応させて頂き、安定した段階で地域の先生方に逆紹介を行うことを推進しております。

また当院眼科では精神科や内科と連携を取りながら、精神疾患や発達障害など全身疾患併発の重症例にも柔軟に対応しております。

主な眼科治療

白内障

当院では白内障手術は2泊3日の入院手術となります。
(日帰り手術は行っておりません)
難易度の高い白内障手術にも対応致します。全身麻酔下の手術が可能です。
安心、安全な手術を心がけています。

硝子体手術

網膜剥離、増殖性糖尿病網膜症、硝子体出血、黄斑円孔、黄斑前膜、水晶体脱臼等の手術治療に取り組んでいます。緊急性の高い疾患にも対応いたします。

斜視

小児から大人までの斜視手術に取り組んでいます。外斜視、内斜視、上下斜視、麻痺性斜視に対する治療を行っています。視能訓練士による斜視検査、弱視訓練とケアを行っています。

硝子体注射

加齢性黄斑変性、近視性黄斑変性、網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫、糖尿病黄斑浮腫、血管新生緑内障などに対する硝子体注射を行っています。

緑内障

点眼治療を中心に行っています。長期にわたる視機能温存を目指しています。狭隅角、閉塞隅角の場合は早めの白内障手術を推奨しております。緑内障治療薬点眼中の患者さんが白内障手術を受ける際に、眼内ドレーン(iStent inject W)留置術を併用することがあります。術後眼圧の下降を期待でき、点眼薬の減少に繋がり、患者さんQOLの向上に役に立ちます。

眼瞼結膜疾患

眼瞼下垂、内反症、霰粒腫、翼状片などの手術治療に取り込んでいます。

レーザー治療

網膜裂孔の光凝固、糖尿病網膜症の光凝固、レーザー虹彩切開術、YAGレーザーによる後発白内障の治療を行っています。

神経眼科疾患

脳神経外科、神経内科、耳鼻科、内科などの他科の先生方と連携をとりながら、網膜変性疾患、視神経疾患の診断、治療を行っています。

ボトックス注射

眼瞼痙攣、片側顔面痙攣のボツリヌス毒素による治療を行っています。

養護外来

発達障害、精神疾患、重い身体の障害などをお持ちで、一般の外来に受診し難い方を対象にしています。初めての方は、まず眼科外来にお電話で予約してください。

当院で施行可能な検査

当院で視力、眼圧、視野(動的、静的)、色覚、斜視、OCT、蛍光眼底造影検査、眼軸長、超音波、ERG、VEP、CT、MRIなどが可能です。眼鏡処方が可能です。コンタクトレンズは取り扱っていません。検査によって予約が必要な場合がございます。

【外来担当医一覧表】

 


山﨑 廣子 柴 玉珠 山﨑 廣子 藤本 尚也 柴 玉珠
板倉 優佳 板倉 優佳 三井 颯太 板倉 優佳 三井 颯太
  三井 颯太      

山﨑 廣子 柴 玉珠 山﨑 廣子
(養護外来)
藤本 尚也 柴 玉珠
板倉 優佳 板倉 優佳     三井 颯太
  三井 颯太     大原 むつ
第4金曜日のみ

 

その他、視能訓練士3人、看護師2人、クラーク1人が協力して診療に当たっています。

初診受付:月曜日~金曜日8時30分~11時 予約不要です。

緊急性のある場合、眼科外来にご連絡ください。

代表番号:047-372-3501

(分責 柴玉珠)