スタッフ


スタッフ一覧

肝炎免疫研究センター長 
肝疾患研究部長・肝炎情報センター長
考藤 達哉
ゲノム医科学プロジェクト長 溝上 雅史
肝疾患研修室長 是永 匡紹
肝疾患医療情報室長 大澤 陽介
肝疾患先端治療研究室長 由雄 祥代
副ゲノム医科学プロジェクト長 杉山 真也
上級研究員 西田 奈央    宮寺 浩子  北山 裕子
瀬戸山 博子   土肥 弘義
研 究 員 星野 訓一    島垣 智成
坂本 譲     河合 裕成
消化器・肝臓内科 今村 雅俊    青木 孝彦


プロフィール

  肝炎免疫研究センター長 肝疾患研究部長・肝炎情報センター長

考藤 達哉  考藤 達哉(かんとう たつや)
 大阪大学医学部 昭和61年卒
留学経験:
 University of Pittsburgh, Department of Surgery
留学先での研究内容:
 腫瘍免疫学
専門分野と研究テーマ:
 消化器疾患、肝疾患
 肝炎、肝癌の免疫 免疫細胞治療の開発
特技、最近のこだわりなど:
 心身の鍛錬
 腹筋、デザイン、写真のセンスにこだわっています
肝疾患の研究を選んだ理由:
 肝炎ウイルスが巧妙に免疫系から逃れて、病気(炎症・線維化・がん)を起こす仕組みを明らかにしたいと思ったから
将来の人生設計・目標:
 どんな些細な仕事も妥協せず全力投球すること
 世界中でaffordableな診断技術・治療法を開発し、肝炎・肝癌の撲滅に貢献すること

  ゲノム医科学プロジェクト長

溝上 雅史  溝上 雅史(みぞかみ まさし)
 名古屋市立大学医学部 昭和51年卒
留学経験:
 Liver unit, King's College Hospital, London, United Kingdom.
留学先での研究内容:
 世界各国から集まってくる患者のB, C型肝炎ウイルスの遺伝子配列の決定と臨床的特徴との比較
専門分野と研究テーマ:
 各種病原体と宿主における遺伝子変異の分子進化学的解析とその臨床応用
肝疾患の研究を選んだ理由:
 医学部では野球に熱中し先輩の多い外科医志望でしたが、卒業時"偶然"に肝臓の先生に誘われて肝臓の臨床に携わることになり、"偶然"に分子進化学に遭遇し、"偶然"に研究者になり、留学時"偶然"に世界中の患者に出会い、"偶然"に肝炎・免疫研究センターに赴任し、現在まできました。人生は"偶然"の連続です!
 分子進化学の臨床応用には、肝炎ウイルスがぴったりだという"予感"がありました。
将来の目標:
 分子進化学の各種肝炎ウイルスへの応用をしてきましたので、次はヒトゲノムへの臨床応用が夢

  肝疾患研修室長

 是永 匡紹 是永 匡紹(これなが まさあき)
 山口大学医学部 平成4年卒
留学経験:
 テキサス大学医学部ガルベストン校
留学先での研究内容:
 肝発癌におけるC型肝炎ウイルスが誘導する肝ミトコンドリア障害と酸化ストレス
専門分野と研究テーマ:
 肝炎ウイルス治療 酸化ストレスと肝代謝 非侵襲的線維化診断
趣味、好きなこと、最近のこだわりなど:
 野球観戦 (>ゴルフ>競馬)
 数試合しか行けないマツダスタジアムの年間指定席を7年保持していること
肝疾患の研究を選んだ理由:
 劇症肝炎を助けたいと思ったから
将来の人生設計・目標:
 他人が真似できないことを行い、記録より記憶にのこる人生を

  肝疾患医療情報室長

 大澤 陽介 大澤 陽介(おおさわ ようすけ)
 岐阜大学医学部 平成8年卒
留学経験:
 コロンビア大学医学部
留学先での研究内容:
 肝細胞死・肝線維化のメカニズム解析
専門分野と研究テーマ:
 肝臓病学 肝線維化
趣味、好きなこと、最近のこだわりなど:
 本を読むこと。
肝疾患の研究を選んだ理由:
 指導医の先生にすすめられて選びました。
将来の人生設計・目標:
 研究を通して、少しでも生命を理解したいと思っています。

  肝疾患先端治療研究室長 

由雄 祥代  由雄 祥代(よしお さちよ)
 大阪大学医学部 平成15年卒
専門分野と研究テーマ:
 肝炎ウイルスと肝免疫
特技、好きなこと:
 いろんな方とお話するのが大好きです。話をしながら別の仕事をすることができます。
肝疾患の研究を選んだ理由:
 消化器内科レジデントとして初めて働いた病院の消化器内科部長のご専門が肝臓でした。その先生に、臨床医として幅広い見方を身につけたほうがよいと薦めていただき、大学院に進学しました。大学院での研究テーマが肝臓であり、現在に至ります。
将来の人生設計・目標:
 目の前にあることに、一生懸命取り組むことにしています

  副ゲノム医科学プロジェクト長 

 杉山 真也 杉山 真也(すぎやま まさや)
 名古屋市立大学 平成16年卒
専門分野と研究テーマ:
 B型肝炎、C型肝炎の病態進展機構の解析
趣 味:
 スキー、自転車
将来の人生設計・目標:
 新学術領域の創出

  上級研究員

 西田 奈央 西田 奈央(にしだ なお)
 東京大学大学院総合文化研究科 平成15年卒
専門分野:
 分子生物学、ゲノム医科学
研究テーマ:
 ヒト多因子疾患の疾患関連因子の同定を目指す研究
 新たなゲノム解析手法の構築を目指す研究
趣 味:
 サッカー
肝疾患の研究を選んだ理由:
 肝疾患の様々な病態に関わるホスト因子およびウイルス因子を明らかにし、患者の詳細な臨床情報を合わせた解析を実施したいと思っています。
将来の人生設計・目標:
 ヒト疾患の発症機序を解明すること、診断や治療に役立つ疾患関連因子を同定することです。

宮寺 浩子  宮寺 浩子(みやでら ひろこ)
 奈良女子大学理学部 平成7年卒
 東京大学大学院医学系研究科 平成13年卒
留学経験:
 McGill University, Dept Biology (Canada)
留学先での研究内容:
 ミトコンドリア呼吸鎖電子伝達体生合成系の探索
専門分野と研究テーマ:
 生化学・免疫遺伝学 
 B型肝炎ウイルス感染応答に関わる抗原の探索


北山 裕子  北山 裕子(きたやま ゆうこ)
 千葉大学 人文社会科学研究科 博士後期課程公共研究専攻 平成25年修了
留学経験:
 フランス共和国 国立リヨン第三大学大学院修士課程 修了
留学先での研究内容:
 日仏文化交流
専門分野と研究テーマ:
 専門分野:医療福祉
 研究テーマ:患者支援、人材育成及び教育プログラムの開発
資 格:
 社会福祉士、精神保健福祉士
肝疾患の研究を選んだ理由:
 患者さん及びご家族が身体的、精神的、経済的、社会的に安心して生活することができるような支援システムの構築に、医療福祉の分野で携わりたいと考えたからです。
将来の目標:
 より良い相談支援を行うための教育プログラムの開発及び人材育成に向けて力を尽くしていきたいと考えております。

瀬戸山 博子  瀬戸山 博子(せとやま ひろこ)
 熊本大学医学部 平成13年卒
専門分野と研究テーマ:
 肝疾患におけるアルブミンの構造および機能多様性
趣味、好きなこと、最近のこだわりなど:
 食べ物のことを考えるのが好きで、いま一番欲しいものはサーモスのイージースモーカーです。そのうち、燻した醤油で刺身を食べたりしたいです。
肝疾患の研究を選んだ理由:
 大学院に進学するにあたり、上司に勧められました。地元では患者さんの数に比べて肝疾患専門医が少なかったので、肝疾患の患者さんの助けになれればと思いました。
将来の人生設計・目標:
 アルブミンの構造多様性を用いて、簡便に慢性肝疾患における病像の評価を行うことができるようになることが研究目標です。

土肥 弘義  土肥 弘義(どい ひろよし)
 昭和大学医学部 平成15年卒
留学経験:
 University of Pennsylvania, Division of Gastroenterology
留学先での研究内容:
 肝硬変における記憶B細胞障害
専門分野と研究テーマ:
 消化器内科、B細胞、B型肝炎ワクチン
趣味、好きなこと、最近のこだわりなど:
 美味しいものを食べること、旅行、アメリカンフットボール
肝疾患の研究を選んだ理由:
 臨床で肝疾患患者を診る機会が多く、複雑な病態に興味を持ったから
将来の人生設計・目標:
 一瞬一瞬を大切に生活し、楽しい人生を過ごす

  研究員

星野 訓一  星野 訓一(ほしの くにかず)
 一橋大学社会学部 平成11年卒
 琉球大学医学部  平成20年卒
専門分野と研究テーマ:
 専門分野と研究テーマ
趣味、好きなこと:
 読書、音楽鑑賞・楽器演奏(ベース)
肝疾患の研究を選んだ理由:
 肝臓が持つ、多様な機能・病態に興味があります。沖縄で消化器内科として勤務し、先輩方の熱心なご指導のもと肝疾患、特に肝炎ウイルスに興味を持つようになりました。
将来の人生設計・目標:
 肝臓・肝疾患について様々な視点から学び、理解したいです。また学んだ知識を通じて、日常診療で接する患者さんに最適な方針・治療を提供できる医師になりたいです。

島垣 智成  島垣 智成(しまがき ともなり)
 九州大学医学部 平成22年卒
専門分野と研究テーマ:
 外科
 肝発癌および肝切除後再発に寄与するバイオマーカーの探索
 肝移植後肝線維化
趣味、好きなこと:
 サッカー、ランニング、ダンス
肝疾患の研究を選んだ理由:
 もともと外科医になりたくて医学部へ入り、大学で肝移植の現場に触れさせてもらい、移植、そして肝臓という臓器に興味を持ちました。
将来の人生設計・目標:
 自分の感じた好奇心、興味を大切にしていく。

坂本 譲  坂本 譲(さかもと ゆずる)
 北海道大学医学部 平成22年卒
専門分野:
 消化器一般外科
研究テーマ:
 NASH / NAFLDの線維化機序の解明
趣味、好きなこと:
 バスケットボール
最近のこだわりなど:
 一日一食野菜を食べる
肝疾患の研究を選んだ理由:
 臓器的にも手術的にも興味のある臓器であるため
将来の人生設計・目標:
 確かな手術手技と人格、論理的・科学的思考を持つ外科医になること

河合 裕成  河合 裕成(かわい ひろなり)
 東京慈恵会医科大学医学部 平成26年卒
留学経験:
 Cleveland Clinic, Department of Surgery (2ヶ月)
留学先での研究内容:
 脳死肝移植
専門分野と研究テーマ:
 一般外科
趣味、好きなこと、最近のこだわりなど:
 運動・映画鑑賞
肝疾患の研究を選んだ理由:
 肝移植のDynamicな手術に魅了されたから
将来の人生設計・目標:
 確かな技術と人間性を兼ね備えた肝胆膵外科医になることが目標です。肝胆膵領域の癌撲滅に少しでも貢献できるよう、日々精進致します。

消化器・肝臓内科

今村 雅俊  今村 雅俊(いまむら まさとし)
専門分野と研究テーマ:
 消化器病一般、肝癌の診断と治療
趣味、好きなこと:
 特技と言えるようなものはありませんが、学生から続けている自転車が趣味です。好きなことは野球観戦。大好きな神宮の杜に足を運びたいと思います。
肝疾患の研究を選んだ理由:
 大学で研修中、半ば強制的でした(笑)。
将来の人生設計・目標:
 現役でいる間は、臨床の場で患者さんとのふれ合いを大事にしたいと考えています。

 青木 孝彦 青木 孝彦(あおき よしひこ)
 東京慈恵会医科大学 平成15年卒
専門分野と研究テーマ:
 消化器病、肝臓病一般
趣 味:
 音楽鑑賞
肝疾患の研究を選んだ理由:
 学生の時は精神科医志望でした。何故か初期研修で全く希望していない消化器内科に4ヶ月配属になり、そのまま消化器内科医に。当時担当する患者さんは肝疾患がほとんどだったので。
将来の人生設計・目標:
 これまで苦労してきたC型肝炎も治癒する時代になりました。しかしまだ肝癌や肝硬変となってしまった方も多く、より良い治療が出来ればと考えています。また、肝臓ではありませんが、胆管や膵臓癌にも興味があります。


国立国際医療研究センター
肝炎・免疫研究センター
肝疾患研究部

〒272-8516 千葉県市川市国府台1-7-1
電話番号 047-372-3501/FAX 047-375-4766