メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 消化器・肝臓内科

消化器・肝臓内科

診療科トップ画像01

消化器内科のご紹介

患者さんの治療にあたり心がけていること

一人ひとりの患者さんの為に

  • 病院を受診される方のほとんどは、健康や病気の状態に不安感や疑問を持っている方がほとんどです。そういった方々には病院は決して楽しいところではないでしょう。しかしその一方、健康で豊かな生活を送るためには、病院を受診し、サポートを受けることは大切なことです。
  • 消化器・肝臓内科は、そのような不安や疑問を持って病院を受診された患者さんが、安心して検査・治療を受けられるように、誠意をもってサポートする事をモットーとしています。

苦痛の少ない内視鏡検査

  • 日本の癌関連死因で胃がんは2位、大腸がんは3位であり、多くの人が消化管のがんで命を落としています。しかし、そのほとんどは、定期的に検査を受けていただくことで早期発見・早期治療が可能です。
  • 消化管の検査の代表的なものは「上部内視鏡(胃カメラ)」「下部内視鏡(大腸カメラ)」ですが、多くの方がこれらの検査は苦痛を伴うものと考えていると思います。確かにこれまでは、体の外から異物が侵入してくる検査なのでオエッとする(嘔吐反射)、おなかが張る、痛みがあるといった不快感は内視鏡検査につきものでした。
  • 当院での内視鏡検査は静脈麻酔を併用して行っています。麻酔薬を適切に使用する事で嘔吐反射を抑え、内視鏡検査の多くの不快感を軽減することが可能です。当院で内視鏡検査を受けていただいた多くの患者さんから「以前の検査より楽だった」「思っていたより楽だった」と感謝の言葉をいただきます。快適で安全な検査であれば定期的に検査も苦痛ではなくなります。

見落としの少ない内視鏡検査

  • 近年、テレビや雑誌などで「ピロリ菌」という言葉を当たり前のようにみかけるようになりました。「ピロリ菌」は胃の中に住んでいる細菌で、慢性胃炎の原因となります。長期の慢性胃炎は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌の原因となります。日本人はとりわけこのピロリ菌の感染率が高く、胃癌の発生が多いのもそのためです。
  • 当院消化器科医師はこの「ピロリ菌」のエキスパートであり、ピロリ菌の存在や胃炎の状態を理解しながら内視鏡検査を行うことが可能です。
  • ピロリ菌の胃炎の状態を理解しながら内視鏡を施行すると、がんが存在するかどうかばかりでなく、検査を受けた人が将来どのような消化管の病気にかかるか予想することも可能です。長い間、検査を受けた方の胃を危険から守ることが可能となります。

最後に

  • これまで「検査が怖くてがん検診を受診していなかった」「以前やった検査がつらくて、もううけたくない」と考えておられる方がいらっしゃいましたら、当院医師にぜひご相談ください。

(文責 小飯塚仁彦)

肝臓内科のご紹介

患者さんの治療にあたり心がけていること

当センターに併設されている研究開発部門である「肝炎・免疫研究センター」のスタッフが診療に参加しています。最先端の技術を駆使し、診断から治療に至るまで、切れ目の無いきめ細やかな医療を提供するよう常に心がけています。

肝疾患

  • 慢性肝炎から肝硬変、肝癌まで幅広く対応しています。
  • 超音波診断においては、肝臓の硬さを測定できる最新鋭の機器を導入しました。肝生検をせずに肝疾患の進行度合いを推し量ることのできる非侵襲的な検査として注目されています。また、CTやMRIなどの検査に加え、平成26年4月から導入されたPET-CTも威力を発揮しています。
  • B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎の治療効果は、患者さんの体質により大きく異なることが分かっています。そのための遺伝子検査を取り入れ、個々の体質に応じて適切に行う治療(オーダーメード治療)に取り組んでいます。
  • 肝癌に対しては、外科や放射線科医と連携し、適切な集学的治療を提供しています。比較的初期の段階であれば、肝臓内科が最も得意とするラジオ波焼灼療法(RFA)を中心に治療しています。進行例に対しても、肝動脈塞栓術、肝動注療法、抗がん剤治療などを積極的に行っています。

胆膵疾患

  • 胆石・胆嚢炎、総胆管結石、膵炎、胆管炎などの良性疾患から、胆嚢癌、胆管癌、膵癌などの悪性腫瘍に対して幅広く対応しています。
  • これらの疾患に対しては、消化管グループと連携して内視鏡治療を積極的に行っています。
(文責 今村雅俊)