メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 最新情報 > 国府台病院における新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ

国府台病院における新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ

更新日:2021年5月4日

 このたび、当院におきまして職員と入院患者さんの新型コロナウイルス感染が確認されましたのでお知らせします。

(発生状況)

 2021 年4 月23 日(金)、当院2階北病棟勤務の職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。当該病棟内の入院患者さんと職員について、直ちにPCR検査を行うとともに、健康観察を行っていたところ、同月25 日(日)に2 名、29 日(木)に1名の入院患者さんの感染が判明しました。また、5 月1 日(土)には東3 病棟において1 名、同月2 日(日)に2 名の入院患者さんの感染が判明しました。

(対応)

 1例目発生の時点で直ちに保健所へ報告するとともに、2 階北病棟の入院患者さんと職員に対するPCR検査の実施、当該病棟での新たな入院受入を中止するなど、感染拡大防止に必要な処置を取りました。また、東3 病棟でも感染者が発生したことを受けて、同様に必要な処置を取っているところであり、新たな情報が判明次第公表を行ってまいります。
 今回の2 階北病棟と東3 病棟における新型コロナウイルス感染症の発生は、相互の病棟の位置関係や職員の往来状況から、関連性がないものと判断しており、他の病棟及び外来はこれまでどおり感染対策を徹底した上で診療を行っております。今後も保健所と緊密に連携するとともに、院内において、入院患者さん及び職員に発熱などの疑わしい症状が出た場合には、直ちにPCR検査を実施するなどの処置を徹底して行います。

 皆様にはご心配、ご不便をおかけしますが、引き続き感染防止に努めてまいりますので、ご理解とご協力のほど何卒お願い申し上げます。

国立国際医療研究センター国府台病院
病院⾧ 青柳 信嘉